• ホーム
  • クラミジアは若い世代で流行している性病

クラミジアは若い世代で流行している性病

クラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症する性病です。日本では、性病の中で最も患者数が多いと言われており、近年は10代や20代の若い世代で感染者が増加していることが問題視されています。

クラミジア・トラコマチスは、感染者の粘膜や体液と、パートナーの粘膜が触れることで感染します。感染確率は高く、感染者とコンドームなしでセックスすると約50%の確率で感染するため注意が必要です。また、一般的なセックスだけでなく、アナルセックスでも感染しますし、咽頭にも感染するため、オーラルセックスやディープキスによっても感染する可能性があります。そのため、コンドームの使用は感染リスクを軽減できるものの、完全に予防することはできません。ただし、クラミジア・トラコマチスは生命力は低く、人間の体の外では生命活動を維持できないため、性行為以外で感染することはありません。

この細菌に感染すると、1~3週間程度の潜伏期間を経てから発症に至ります。女性の場合は、おりものが増加したり不正出血、性行痛などが現れることがありますが、約70~80%は自覚症状がありません。しかし、治療をせずに放置すると子宮頚管炎や卵管炎などを引き起こし、不妊症となるリスクが高まります。一方、男性の場合は、尿道に違和感やかゆみが生じたり、排尿時に軽い痛みを感じるといった症状が現れます。自覚症状が現れる確率は約50%程度と言われており、女性と比べると症状が現れやすいものの、症状自体は軽症であることがほとんどです。しかし、放置すると副睾丸炎を引き起こして、不妊の原因となる無精子症になる可能性があります。

このように、クラミジアは自覚症状が現れにくいため、知らず知らずのうちに感染している可能性がありますし、パートナーに感染させてしまう可能性も非常に高い性病です。そのため、性行為のパートナーは限定するとともに、性行為の際は初めからコンドームを使用することで、粘膜同士の接触を避けるといった予防が欠かせません。また、重症化すると不妊症につながるリスクが非常に高い病気なので、早期治療を開始することが重要です。

クラミジアの治療薬には、ジスロマックが第一選択薬として使用されています。ジスロマックは、アジスロマイシンを有効成分とするマクロライド系の抗生物質です。ジスロマックの最大のメリットは、1回の服用で10日間アジスロマイシンの効果が持続することです。そのため、1回の服用だけでクラミジアの治療は完了し、飲み忘れることがないため、失敗の可能性も非常に少ないとされています。日本性感染症学会が発表している性感染症治療ガイドラインでも、ジスロマックは第一に選択すべき治療薬として推奨されています。

クラミジアは、自覚症状が現れないことが多いため、治療開始が遅れてしまい重症化しやすい性病です。また、治療を行わずに性行為をすると高確率でパートナーに感染させてしまいます。近年、クラミジア患者は若い世代で急増しているため、コンドームの使用やパートナーを限定するなどの予防対策は必ず行っていきましょう。また、感染が疑われる行為をしてしまった場合や、体に何らかの異変を感じたら、すみやかに検査を受けて、早期治療を開始することが重要です。