• ホーム
  • 性病への抵抗力を高める!免疫力向上の方法

性病への抵抗力を高める!免疫力向上の方法

免疫力を高めたり、維持することは、様々な病気の予防に効果的ですが、性病も例外ではありません。例えば、カンジダ症やヘルペスは免疫力が低下することで発症しやすくなりますし、その他の性病に関しても、体内に侵入してきた細菌やウイルスに対して抵抗力が弱まるため、簡単に感染を許してしまいます。

免疫力を高めるには、規則正しい生活習慣の継続が欠かせませんが、中でも食生活は最も重要な要素のひとつです。特に、免疫力を高めるために重要となるのが、腸内環境を整える食品を積極的に摂取することです。腸は、食べ物とともに体に害を及ぼす細菌やウイルスが侵入しやすい部位なので、腸の内壁には免疫に関係する細胞が数多く集まっており、その数は体全体に存在する免疫細胞の7割とも言われています。そのため、腸内環境のバランスを整えることが、免疫細胞の活性化につながるのです。

腸内環境のバランスを整えるということは、腸内の善玉菌を増やすということです。そのため、善玉菌である乳酸菌が多く含まれる、ヨーグルトやぬか漬け、キムチなどの発酵食品を積極的に摂取することが腸内環境を整えるポイントとなります。また、近年は生きたまま腸に届く乳酸菌が含まれるヨーグルトが各社から販売されているため、これらを積極的に食生活に取り入れれば、効率的に腸内環境を整えることが可能です。なお、単に乳酸菌を摂取するだけでなく、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖も同時に摂取すると、より一層効果的です。

また、免疫力を向上して細菌やウイルスに対する抵抗力をつけるカギは、体温にもあります。体温は血液の流れと大きく関係しており、体温が低下すると血管が収縮するため、血流が悪くなります。血液の中には免疫細胞である白血球が存在しているため、血流が悪くなると体内に侵入した細菌やウイルスに対してすみやかに対応することができなくなり、簡単に感染を許してしまうのです。低体温の人は、高体温の人よりも免疫力が低下している可能性があるため、平均体温を高める対策が必要です。

体温を向上させる基本的な方法としては、運動と入浴が挙げられます。人間の体の中で最も熱を産出するのは筋肉ですが、普段運動をしない人は筋肉量が減少している恐れがあり、低体温化している恐れがあります。そのため、継続的な運動によって、筋肉量を増加させることが高体温化には必要不可欠です。特に、下半身は全身の筋肉の70%が集中しているため、ウォーキングやスクワットなどを行うと効果的に筋肉量を増加させることが可能です。

また、最近ではシャワーだけで済ましている人も多いかと思いますが、体温を上げるには湯船につかる習慣を身につける必要があります。熱すぎない40度以下のお湯に15分から20分程度ゆっくり浸かり、体の芯から温めるのがポイントです。これらの生活習慣を継続的に行って、免疫力を向上・維持することで、性病への抵抗力をつけていきましょう。