• ホーム
  • 性病を患ったらパートナーに告白するべき?

性病を患ったらパートナーに告白するべき?

薬を飲んでいる男性

性病に感染したと知ったとき、何の不安もなくパートナーに告白できる人は非常に少ないでしょう。これによって相手と別れるきっかけになるのではないか、浮気や遊び歩いていると思われるのではないかといった不安によって、なかなか言い出せない人が多いかと思います。特に、浮気が原因であることが分かっている場合は、感染を伝えることは、自身の軽薄な行動の告白でもあるため、言い出せないケースが多いようです。

しかし、自身が性病であるなら、パートナーもそうである可能性が非常に高いため、事実を伝えるリスクよりも、告白しないことによってパートナーに生じるリスクの方が大きいことを認識する必要があります。特に、クラミジアなどの自覚症状が現れにくいものであった場合は、パートナーは自身の感染や体に生じる異変に気が付いていないかもしれません。告白せずにそのまま時間だけが経過してしまうと、自覚症状が現れないまま症状が進行してしまい、治療が難しくなったり、不妊症などにつながる恐れがあります。また、自分だけ治療を行って完治したとしても、パートナーも性病であった場合は、お互いに感染を繰り返してしまうピンポン感染を引き起こすことも十分にあり得ます。そのため、性病であることが判明した場合は、カップルの両者が一緒に治療を行うのが基本です。パートナーのことを大切に思うのであれば、告白して一緒に性病に向き合う必要があるでしょう。

しかし、いきなり感染の告白をしても、パートナーは心の準備ができていない可能性が非常に高いです。多くの人は、心の準備ができていない状態で、唐突に性病であることを伝えられても、冷静に事実を受け入れることは難しいものです。そのため、まずは検査を一緒に受けるように話を進めてみてはいかがでしょうか。たとえ、感染の事実に対して親身になって受け入れてくれたとしても、結果的に別れることになっても、自分が感染している以上はパートナーも検査を受ける必要があります。告白してから検査を受けるのも、検査を受けることで感染が判明するのも、順番が変わるだけで事実は変わりません。したがって、後々の話がスムーズに進む可能性が高い順番である、検査を受けてから事実を伝える方が良いのではないでしょうか。検査を一緒に受ければ、ある程度心の準備ができているでしょうし、いきなり話を切り出すよりも性病に向き合うことができるかと思います。

本当に信頼し合えるカップルである場合、ある程度の心の準備ができていれば、親身になって受け入れてくれるはずです。また、たとえ事実を受け入れてもらえずに別れることになったとしても、決して告白した自身を責める必要はありません。告白を受け入れてもらえなかった場合は、軽薄で思いやりのない人であったと割り切ることも大切です。

性病は、自身が治療を行えば済むという問題ではありません。パートナーに事実をしっかり伝えて、一緒に治療に取り組む必要があります。性病に対する正しい知識があり、思いやりのある人であれば、きっと受け入れてくれるでしょう。また、受け入れてもらえないとしても、信頼できる人ではなかったと割り切ることも重要です。