• ホーム
  • 性病予防の観点でもコンドームは優秀

性病予防の観点でもコンドームは優秀

薬を取っている男性

コンドームは薬局やドラッグストアなどで手軽に購入できる避妊具であり、男性にとって性行為をする際のマナーにもなっています。本来、コンドームは男性の性器に被せることで、精子が女性の膣に侵入するのを防ぐ役割を果たしますが、性病予防の観点から見ても非常に効果的です。

コンドームが性病予防に有効とされるのは、性器の粘膜同士が直接的に接触するのを防げるからです。通常、性病の原因となる細菌やウイルスは、精液や膣分泌液からパートナーの粘膜を通して感染します。そのため、男性器を覆ってしまえば、女性の性器との直接接触を避けることで感染を防ぐことができるのです。

しかし、コンドームは性病予防に効果的であるといっても、それは正しく使用した場合のみです。男性の中には、射精直前にだけ装着している人もいるかと思いますが、性病予防の観点から見ると正しい使い方とは言えません。男性のカウパー液には精液が含まれているため、男性が感染者である場合は、射精せずとも女性の膣に挿入した時点で感染が成立します。また、女性が感染者の場合も同様で、男性器と女性器が接触しただけで感染する恐れがあります。

さらに、性病の中には口腔や肛門の粘膜から感染するものも多いため、オーラルセックスやアナルセックスによって感染することも珍しくありません。そのため、性行為の際は最初から最後まで装着する必要があります。このように、コンドームを装着することで、男性器とパートナーの粘膜との接触がなくなるため、性病に感染するリスクを軽減可能です。例えば、HIVやクラミジア、淋菌などは高確率で感染を防げるとされています。

しかし、性病の中にはコンドームの装着だけでは完全に予防できないものも多く存在します。例えば、性器ヘルペスの場合は性器だけでなく肛門やお尻、太ももまで発症部位が拡大していることがあるため、これだけでは発症部位をカバーしきれません。また、口唇ヘルペスを発症している場合は、オーラルセックスやキスによって感染する可能性があります。さらに、尖圭コンジローマや梅毒なども、感染を確実に防ぐことはできないとされています。したがって、感染が疑われる場合や、何らかの症状が現れているときは、性行為自体を控えて検査や治療をしっかり行いましょう。

このように、コンドームは予防に有効ではあるものの、感染を100%防ぐことが可能なものではありません。しかし、確実に予防できないといっても、性器同士の接触を避けることができる以上は、感染リスクを軽減することは十分に可能です。また、コンドームの使用を男性だけに任せるのではなく、女性側から装着を促すことも必要でしょう。コンドームの使用は、今や避妊のための男性側のマナーというだけでなく、性病予防のために必ず装着しなければいけないものという認識を持つ必要があります。また、使用する際は性行為の最初から最後まで正しく装着しましょう。