• ホーム
  • 梅毒治療薬ノバモックスで梅毒治療

梅毒治療薬ノバモックスで梅毒治療

薬を飲んでいる男性

ノバモックスは、アモキシシリンを有効成分とするペニシリン系の抗生物質で、サワシリンのジェネリック医薬品になります。ペニシリン系の抗生物質は、梅毒の第一選択薬として使用されており、ノバモックスも梅毒に効果的な治療薬として広く使用されています。

梅毒はトレポネーマ・パリダムという細菌に感染することで発症する性感染症です。ノバモックスは、細胞壁合成阻害薬と呼ばれるタイプの抗生物質で、細菌の細胞壁が合成されるメカニズムを阻害することで抗菌作用を発揮します。細菌が細胞壁の合成を行うには、PBP(ペニシリン結合タンパク質)という物質が必要となるのですが、ノバモックスの有効成分であるアモキシシリンはPBPと結合することで、PBPが細胞壁の合成に使われないようにする作用があります。細胞壁を合成できなくなった細菌は、細胞分裂を行うたびに細胞壁が薄くなり、最終的には自身の形状を保つことができなくなり、死滅に至るのです。ちなみに、人間には細胞壁は存在しないため、ノバモックスの服用によって人間の細胞が影響を受けることはありません。

ノバモックスの用法用量は、年齢や症状に応じて適宜変更されますが、成人の場合は1回250mgを1日3~4回服用するのが基本的な服用方法です。服用期間に関しては、症状の進行具合によって異なりますが、基本的に早期治療を開始するほど服用期間は短くなります。性器やその周辺にしこりが生じる第1期と呼ばれる段階で服用を開始した場合は、2~4週間程度の服用で済みます。また、バラ疹と呼ばれる赤い発疹が生じる第2期の場合は、4~8週間程度の服用が必要です。さらに、第3期以降になると、さらに服用期間は長くなっていきます。

このように、ノバモックスは、梅毒の症状が進行するほど服用期間が長期化するため、早期発見することが重要です。なお、これらの治療期間はあくまで目安であり、医療機関での血液検査でトレポネーマ・パリダムが完全に排除されたことが確認された段階で治療が完了します。症状が改善したからといって自己判断で服用を止めてしまうと、治療失敗のリスクが高まり、もう一度最初から治療を行わなければいけないこともあるため、服用期間は必ず守るようにしましょう。

ノバモックスは、梅毒に効果的な治療薬ですが、サワシリンという抗生物質のジェネリック医薬品であるため、安価に入手できるというメリットがあります。通常、ノバモックスは医療機関で処方してもらう医薬品ですが、個人輸入代行の通販サイトでも購入可能です。個人輸入代行の通販サイトを利用するメリットとしては、医療機関に足を運ぶ手間が省けることや、受診料がかからないといったものが挙げられます。また、まとめ買いをすれば、さらに安価に入手できたり、送料を安く抑えることも可能です。

一方、デメリットとしては、医師の診断を受けられないため、適切な服用量や期間を自己判断で決めなければいけない点です。また、通販サイトの中には信頼性に欠けるサイトもあるため、偽物を購入してしまうリスクもあります。通販サイトを利用する際は、このようなデメリットやリスクを念頭に置く必要があります。これらのデメリットよりもメリットの方が上回ると感じた人は、通販サイトでの購入も検討してみてはいかがでしょうか。